言葉の意味。

勤怠管理について検索をしようと思ってパソコンに単語を入力すると次にASPというあまり見なれない単語が出てくることがありますが、この頃ASPで勤怠管理を行っている会社が増えてきています。だけど、ASPって一体なに?物なのかどうかもわからない。そう思った人は、私だけではないと思います。

ASPは“エーエスピー”でアルファベットの発音で大丈夫です。これは、正確に記入するとApplication Service Providerという3つの英単語になります。アプリケーション サービス プロバイダーにすると少しだけ意味が見えてきそうな気がしますね。意味はアプリケーションソフトウェアを貸し出しすることを仕事にしている事業者って意味です。
しかし、最近はこの意味合いで使われるよりも、そのレンタルシステムを表すことなどが増えてきています。なので、後ろに「サービス」や「事業者」という単語を付けくわえて、貸しているサービスについてを言いたいのか、それともビジネスについてを言いたいのか、一目で見て分かる様に書かれていることが多いです。

勤怠管理ってやらないといけないことが多いので大変ですよね。インターネット上で見つけたシステムウェアを借りて行うことで、勤怠管理するのにどのようなメリットがあるのかは興味があるところだと思うので、次のページ以降で書いていきますね。






おすすめ記事

円滑に勧める

ASPで勤怠管理をすることで煩わしい作業が一つでも無くなりその分の時間を他の作業に充てる事で、作業全体がより円滑に勧める事が出来るよになるのですよ。

効率アップへ

ASPの勤怠管理システムを使えば、自社の中で煩わしいタイムカードの管理や保管をしなくてすむというのは大きな魅力ですよね。こういう地道なところが、効率のアップに繋がるのです。

What's New


2013/02/19
最新情報2を更新。
2012/11/19
最新情報を更新。
2012/03/01
体験談。を更新。
2012/03/01
技術の進歩。を更新。
2012/03/01
話題の方法。を更新。
2012/03/01
利点。を更新。
2012/03/01
ASPの勤怠管理でコスト削減を更新。
2012/03/01
ホームページリニューアル